ura chocotto nikki

CALENDAR ENTRY
COMMENT CATEGORY
ARCHIVE LINK
PROFILE OTHERS
切なくーん系眼差しとの決別
どうやら。



今頃すごく心細い思いをしてるんじゃないかなって想像するだけで、なぜだかそわそわしてしまったり、今すぐ駆けつけてその不安を取り払ってあげたいと思ったり、



してるんだな。



どういうわけだか。



実の娘のにもそんな事を思わなかったのに。



割と基本的に、それはあなたの体験で、それはどんなことであってもあなたの実りに繋がることだからねって、クールに(?)思ってたりしてたのに。



今までそんな風になったのは犬の風太くんにだけだ。



風太はとっても怖がりで、大雨だったり嵐の夜には怖くて家からよく脱走してました。



家の中が一番安全だっていうのに。



探してもすぐには見つからなくて、今頃どこかで心細い思いをしてるんだろうなぁって思うと胸が締め付けられるような気持ちになってた。



なんだろうなぁ。



これは一体なんだろうなぁ。



なんてことはない、大体が優しい人にかくまわれて全然平気な顔してたりしてたんだけどね。



ぷぷぷ。



あの見つかった時の風太の困ったような申し訳なさそうな顔。



可愛かったな。



でも今もやっぱり風太くんのことを思うと泣きたくなる。



あのちょっとすがるような(このちょっとすがるようなってのがポイントだな)つぶらな瞳で私を見つめる風太くんを思い出すと胸がきゅっとなる。



切なくーん系眼差し。



あやつもそんな風に私を見てたな。



切ない好きだからな。



なるほど。



そろそろ手放す時がきたのかな。




chocotto nikki comments(0) trackbacks(0) さとうさちこ
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hanaun.jugem.jp/trackback/959
<< NEW TOP OLD>>